東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2011/10/20

ボランティア参加者の声

被災地でのボランティア活動に参加するのは2度目でした。
1度目は宮城県亘理郡で被災したイチゴ農家の瓦礫撤去や
苗の植え付け作業などのボランティアバスツアーでした。
その時はアロマセラピトとしての活動にはとらわれていませんでした。
何か少しでも力になりたい、行動したいという気持ちが原動力でした。
実際に被災地を目にし、現地の方の話を聞くにつれ、
ストレス性の不調にアロマセラピストとして何かお手伝いできることがあれば
と考えるようになりました。気持ちがあっても個人では活動するにはルートもなく、
情報を探していた時、雑誌セラピストの公式サイトに掲載された
COCOROのボランティアセラピスト募集記事を見つけ、
セラピストメンバーとして登録しました。
登録の際は主宰の安藤多希子さんがとても丁寧に対応しくださり、
手探り状態だった私も安心して登録することができました。
今回は調整がつかず参加できなかった方も多かったという話を聞き、
みなさんの分も頑張らねばと思いました。

まず、実施までのコーディネイト、協賛企業へのはたらきかけ、
参加者の募集と連絡、事前準備を一手に引き受けてくださった
COCORO代表の安藤さんに心より感謝申し上げます。
セラピストメンバーは体調を整えて参加するだけでよい状態にしてくださいました。
移動中や宿では同じ気持ちをもって集まったみなさまと語り合うことができ、
本当に濃い3日間を過ごすことができました。
今回の活動で使用した精油と浸出油、植物油の品質にも感動しました。
アロマテラピーは植物の恵みを身体の中に入れるもの。
新鮮で良質なものとそうではないものでは、もたらすものが変わります。
オイルを肌に伸ばすたびに、こちらまで気持ちよくなってしまうほどでした。 
これから被災地は冬を迎えます。そして、春がくると震災から1年が経つことになります。
次第に人々の関心が薄れ、復興が遅々と進まない状況ともなれば、
被災地の人の心はどうなるでしょうか。積み重なった肉体疲労はどうなるでしょうか。
ますますケアが必要とされることでしょう。長期的な活動が現地に根付き、
さらに個別のケースに応じた施術ができるよう、
微力ながらサポートを続けていきたいと思っています。
これから参加を検討している方へ。私たちができることはささやかなことですが、
人の手ではないとできないことです。多くの手が必要です。
いつかご一緒できる日を楽しみにしています。
アトリエアイシス 代表 
英国IFA認定アロマセラピスト 桑本さんより
スポンサーサイト
参加者の声

2011/10/19

ボランティア参加者の声

9月13日から15日までの3日間、岩手県陸前高田市で行われた
アロマボランティアに参加させていただきました。
以前にも別団体にて東日本大震災のチャリティーに
ボランティアとして参加していたのですが、被災地に行き、
被災者の方々へのマッサージは初めてだったので、活動が始まるまでは不安でした。
私は茨城出身です。茨城も東北ほどではありませんが、大きな被害を受けました。
しかし地震当日の3月11日はイギリスにいたため、私は東日本大震災を経験しておりません。
海外のニュースから流れる日本の映像を見て、言葉では言い表せないほどの衝撃を受け、
日本にいる家族や友人、知人の安否確認など生きた心地がしませんでした。
毎日あの津波の惨劇が放送されていて、
私も「海外でも日本のために何か出来ることはないか」とずっと考えていました。
イギリスでの活動は、セラピストもクライアントも「日本のために、被災者のために」と
共に同じ思いを抱いての活動でした。しかし、今回のクライアントは被災者の方々です。
マッサージを始めてすぐに壁にぶつかりました。
「私から震災の様子などは聞くことは出来ないし、ご家族の話もこちらからは出来ない。
どうすればいいんだろう?」そこまで気負わなくても良かったのかもしれませんが、
考え過ぎで無口になることもしばしばありました。
 今回このボランティアに参加して最初に感じたと、
それは「これは私の自己満足のためにやっているのかも・・」という疑問でした。
行うマッサージは場所や時間などの制限があるため、15分のハンドマッサージのみ。
震災から6ヶ月が経過しているとはいえ、津波のあった地域の復興は進んでおらず、
市街地は未だに瓦礫の山の状態です。マッサージを受けに来てくださる方の中には
仮設住宅に住んでいる方もいます。コンサルテーションフォームには、
ほとんどの方が「イライラしている」の項目にチェックをし、
そして「ストレスがない」と言っている人でも、「夜中に何度か起きてしまう」
「眠りが浅い」と意識していないところでのストレスと疲労があることが分かりました。
「その方々に15分のハンドマッサージだけで充分なのだろうか?
本当に被災者の方々はリラックスをしてくれただろうか?」
その結果「これは自己満足?」と思わずにはいられませんでした。 
 そんな私の気持ちを少しずつ変えてくれたのは、
一緒に活動をしていたコーディネーター、ボランティアの方々、
そして「ありがとう」と言ってくれた現地の方々や園児達の笑顔でした。
ほんの少しでも被災者の方々に何か伝わるものがあるのならば・・。
 この度のボランティア活動で多くのことを学びました。
しかし、私自身、今回の活動に満足感はありません。
なぜならば、被災者の方々の心身のケアは
これからもっともっと必要になってくると実感したからです。
「一度限りではなく、今後もボランティアを続けよう。」
3日間のボランティア活動を終了した時に強く思いました。
復興にはまだまだ時間がかかります。
被災地の様子がTVなどで放送されることも少なくなり、
ボランティアの人が減りつつある中で、「継続すること」それが大切なのだと。
最後になりますが、今回のCOCORO震災ボランティアの主催者の安藤さん、
参加された皆様、本当にありがとうございました。
この場をお借りしてお礼を申し上げます。
英国IFPA認定アロマセラピスト 岡村さんより
参加者の声

2011/10/18

ボランティア参加者の声

第3回のボランティア活動は、陸前高田市の保育園を中心に実施することになった。
震災から半年以上たち多くの被災者が仮説住宅に入居され、
表面上は、少しは落ち着いてきたかに感じられた。
しかし、被災された多くの方たちは、精神的な極限に達しているようであった。
開催日程、場所について事前に話し合うために8月のお盆過ぎに陸前高田市を訪ねた。
保育所を訪問したとき、年長さんのアロマ教室について説明をした際に
「大人へのボランテアはできるのでしょうか?」と質問をされた。
「震災から家族の安否確認、家族の生活の保持、
仕事の再開などここにいる方たちは限界に近いんですよ。」というお話に
私はハッとして次の言葉がでなかった。
ニュースなどで心のケアの必要性重要性が言われていたが、
現実のものとしての動きが全くといってよいほどされていないことを改めて知った。

保育所は津波で建物が流され、現在は建物を借りて保育をしていた。
津波の際に背中に背負い、両手に子供を抱えて必死で高台に逃げたという。
どんなにか大変なことだったろうと話を伺っているうちに
心にこみ上げてくるものがあり、必死でそれを堪えた。

3回目の活動は日程が3日間、セラピストの参加が3人となったので
少しは余裕があるのではと思っていた。
できれば近い場所に宿泊をと考え色々と探したのだが、
近くの民宿や旅館はほとんど津波で流され、営業できない状況にありやっと見つけたのは、
陸前高田市まで車で片道1時間半のところにある千厩町の旅館だった。
セラピストの方たちは関西、関東と遠来から来ているため、
新幹線、飛行機の時間などを考慮すると今回は目いっぱいの活動時間だった。
往復3時間のドライブはセラピストの交流と対応、
施術に対するプロとしての考えなど活発な話し合いがされた。
一人15分間の施術でセラピストの方たちは様々な身体の変化や
精神状態の変化を感じていることに『凄い!』と感心し感動していた。
無言で15分を過ごす人、自分のことをポツリと語るひと、
失った家族のことを話す人、様々であった。
セラピストの皆さんが活動する状況を見ながら受付をし、
待ち時間があるときは少しお話を聞かせていただいたり、
仕事をしながら皆がマッサージを請けられるようにと
園の皆さん全体がとても協力的だったように感じた。
初回のときは避難所と言うこともあり食事ができて、
安心して眠れることへの安堵感と感謝の言葉がきかれた。
しかし周囲に自分の苦しさ不安を話せない苦しさが伝わってきた。
「夫の遺体確認に行ってきた」と悲しみに耐えながら話された方もいた。
日々の生活必需品の無さへの不満などがあった。

第3回のボランテアでは現実の生活をこれからどのようにしたら良いのかと
考え悩んでいる人、仮設住宅での生活の新しい悩みや苦労が出てきて、
どのように解決することが良いのかと悶悶としている様子が見られた。

保育園での年長組みへのアロマ教室は楽しい紙芝居、
香り当てクイズなど元気に楽しそうに参加してくれた。
また、マッサージを皆で交互にし合うことが子どもたちの想像力を高め、
新しい発想で『ワニのマッサージ』と命名してくれた。
何気なく元気にしているが、余震がまだ時々来ると、
子供たちは恐怖感で大変になると保育士さんが話していた。
心の中に埋まっている「恐怖感、逼迫間」がアロマの香りと
オイルマッサージで少しでも癒されてほしいと願わずにはいられなかった。

セラピストの皆さんが口をそろえて話したことは、
『ハンドマッサージだけではたりない』
「肩や背中、頭など凄く身体が疲れている。
広い場所でゆっくりアロマをしてあげたい」だった。
地元に生活し、このボランテアのつないでくれたAさんが
「一人ひとりが凄いドラマを持っている」と話していた。本当にそうだと実感した。
これからの人々との繋がり、交流が重要であり必要であると実感した3日間だった。
そして、セラピストの方たちが施術する際にとても優しく思いやりをもって話をされ
一人ひとりを大切にしてくださってお世話係として心からうれしく感謝している。
次回はもう少し広い場所でできそうなお話もいただき、
これからも沢山の皆さんからのご支援をいただければと心から思った3日間だった。

現地コーディネーター 菅原さんより
参加者の声

2011/06/02

参加者の声

こちらのページは準備中です。
参加者の声
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。