東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2014/02/16

Cocoroリアスの活動報告

現地活動チーム“Cocoroリアス”が立ち上がり、
今年に入って順調に活動が行われています!

活動報告のアップが遅れておりましたが・・・
今後は事務局サポートメンバーも協力しながら
現地の様子をタイムリーにお届けできるようがんばります!!

ということで、今日はCocoro事務局の折立が
1/17、21、22に行われた活動の様子をご紹介させていただきます。


第1回目の活動は、1月17日に陸前高田市広田町の個人宅にて
アロマケアワーカーさん2名で活動が行われました。

お昼もご馳走になる和やかな雰囲気の中で
14名の子育てママさんがマッサージを受けてくださったそうです。

今までは行き届かなかった小規模な仮設住宅や
地域の方でしか入れない場所での活動が始まったことで、
より現地の方に寄り添ったかたちで癒しのケアができるようになってきています。

そして、第2回目は1月21日、3名のアロマケアワーカーさんが
陸前高田市 広田保育所支援センターにこにこで活動を行いました。

なんと!支援センターに来られた親子の人数が過去最高だったそうです!

リアス_0121_2

お子様が泣いたり笑ったり、ワイワイガヤガヤ、話も弾む中での活動

知り合いのケアワーカーさんもいたせいか、
張りつめていたものがとれ涙を流しながらお話をされる方もいたそうですが、
Cocoroリアスの活動がそんなみなさんの心の緊張を
少しでもとくものであればいいなと思います。

リアス_0121_1

そして、親子の方々が帰られた後は、
園長、主任、支援担当の保育士さんにもマッサージ

地域が地域を癒す形への歩みが、少しずつ、少しずつですが前に進んでいます。

1月22日は、新たにアロマケアワーカー2期生 4名も加わり、7名で
陸前高田市 小友町 モビリアキャンプ場内 仮設集会場にて活動が行われました。

リアス_0122_3

90代の方を含むたくさんのみなさんが
マッサージを受けてくださったそうです。

リアス_0122_1

この男性の方は3名のセラピストによるマッサージ
なんとも至福の時間ですね。
心地よくて贅沢なひとときを過ごしていただけたかな

リアス_0122_2

「こんなに気持ちいいのははじめてだー」と
涙ぐみながら喜んでくださるおばあちゃん

香りとマッサージの心地よさに
涙ぐむ子育て奮闘中のお母さん

みなさん良くおしゃべりするし、とっても元気
でも、震災から3年が経とうする今も
心のうちにはたくさんの思いや葛藤、そして悲しみがあって・・・

香りとふれあいがそんな「心」に少しでも心地よい風を通してくれていたら
嬉しいなと思います。


Cocoroの取り組みに賛同し、養成講座を受講し、
アロマケアワーカーとしての活動を始めた現地"Cocoroリアス"のメンバーも
今回現地で活動を行う中で、定期的に心のケアを受けられることの大切さを
あらためて確信したようです。

まだまだ手探りな部分もあるかと思いますが、
現地から送られてくる報告に、活動に対するメンバーの熱い思いが感じられました。

活動の様子はこれからも随時紹介していきたいと思います!
スポンサーサイト
活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2014/02/07

英国からの支援

40時間のイギリス滞在中、そのうち半分を費やしたチチェスター市にて、
Cocoroを支援して下さるCocoro UK代表のメアリーアトキンソンさんはじめなんと40名以上の現地の方々が、
私が訪問すると聞いて集まってくださいました。
なんとCocoroのケーキまで焼いてきてくださった方もいて、感激の一夜でした!!!



実はこんなパーティになることは前日の夜に知りましたが、
英語のスピーチタイムでは、現地の生の声をお伝えしました。
普段支援してくださる方々だったので、
特にここで寄付を募るつもりもなかったのですが、
日本のような先進国でも、心の傷が癒えるのにかかる時間も、
沢山の人の気持ちが必要なことも同じなんだね、と、
沢山の方々が寄付を置いていってくださいました。

保育所で行うストーリーマッサージのデモンストレーションもしました。



仮設の方々にお渡しする香りのハートフェルトも
想いを込めて沢山の方々が切ってくださいました。



看護師さんや学校の先生はじめ、日本に昔住んでいたというご夫婦などから、
被災地の方々のこと、私たち忘れてないから伝えてほしい、と、
たくさんの方々が話してくださいました。



書家、菅原さんの心の書をモチーフにした
アトリエ秋山さんデザインのTシャツも大人気でした。



あと先二年、仮設から出る見込みのない間の活動を継続となると、
今回のような地道な資金集めや現地の状況を伝えることはとても大切です。
たぶん、全員とお話ししたと思いますが、
一つのきっかけとなって継続したサポートにつながればと思うのです。



本当ならば、心のスタッフ、支援して下さる皆さんでいただくところですが、
ケーキはぜーーんぶ、私のお腹に入れてきましたぁ!!!笑



昨日もCocoroリアス陸前高田チームと電話しましたが、
地域の人だから話せることもある反面、
外からの人にだからこっそり打ち明けられることもある、と。
世界中の方々がおもっていること、
現地にとっては一つの励みになりますし、
私を含む活動メンバーができることは、
こうしてメッセンジャーになることなのかもしれないなぁ、と思いました。



陸前高田、大船渡で活動するCocoroリアスの活動は、順調に毎週行われておりますが、
わたくし…レポートの取りまとめに追われながら、
もう、フライトになっちゃいました。
事務メンバーで手分けする形を作りますね。

香りと手の温もりでできること。
それは言葉を超えたチカラがあるのかもしれません。
活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。