東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2014/07/30

これから。

アロマボランティアCocoro代表の安藤たきこです。

これまで三年間は活動で現地を駆け回り、到着してから寝るまでは分刻みのスケジュールで活動してきました。

でも今回初めて、ゆっくり、「はなす」時間を沢山作りました。
今Cocoroの活動を支えてくれるのはCocoroリアスのアロマケアワーカーさんたち。
でもそのみなさんも被災者です。
心が苦しくなることは、私たち以上に沢山あると思います。

支える側、支えられる側、活動する人、
それをみんなで共有しようと思ったのが今回の活動でした。



私の心の中には、次の活動はどんな形がいいかな?それを模索するための時間でもありました。

色々と話を聞いている中で、
「安藤さんの施術、なんかやっぱり違った。プロって感じがした。」
お世辞でもそんな風に褒めてくださった方の言葉を聞いて、ふと、気付いたんです。

ひょっとして、いや、間違いなく、みなさん、自分でアロマ、受けたこと、ない!!!!ですよね!!!と。

みなさんの答えはイエス。

そもそもこの街にはアロマサロンがないし、
アロマを受けられるような場所に行くには車で往復3時間くらいかかる。



私たちの震災当初のデータでもアロマを知っていたのはたったの2%。

毎月の自主練習会を重ね、ほぼ毎週の活動を半年継続し、
もうタッチ自体はみなさん、本当に素晴らしく、
プロ顔負けの施術をされています。

でも、もっと素晴らしいものを提供するには、
アロマケアワーカーさんたち自身がプロの施術を受け、
その感覚を体験し、感じることが必要だと思ったのです。

というわけで…次回の活動の概要を話し合ってきました。

まず全国から来るプロのセラピストに60分間のフルボディ施術をしてもらい、
その後、3~4人のグループを作り、
直接指導してもらえるよう質疑応答の機会にします。

翌日はその全国からのセラピストと共に一緒になって仮設住宅での活動。
そして懇親会。


(右の三名はCocoro発足当時からお手伝いして下さる受付嬢の皆様です。)

現地の状況をみていると、
これまでのようにより沢山の方に受けて頂き、
広く浅くすることが必要とされているのではなく、
四年経った今も傷が癒えない方々の心にいかにして
心寄り添える活動であるかが求められていると感じました。

そのためにも、アロマケアワーカーさんの数を増やすのではなく、
さらなるブラッシュアップとアロマケアワーカーさんと協力し合うことに力を注ぎたいと思うのです。



支える側に元気がないと、支えられる側は元気になれません。
私自身も素敵なアロマケアワーカーさんたちと過ごすことで、
心あらわれるような透き通った優しい想いと、
そして芯の通った強さを沢山もらいました。
その感覚、支援して下さる皆様にも写真や文章を通じて伝わればいいな。

秋にまた私たちが訪れる時はフルボディアロママッサージを受けられることを楽しみに、
また活動を楽しんでもらえたらいいなと思うのです。

この後数日後もすぐに活動が待っていたCocoroリアスのみなさん。
心のケアは長期戦だと誰もが口にします。

香りと手のぬくもりで広がる笑顔。
その未知の可能性とつながる素敵な人々との出会いは無限大です。


活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

Cocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html
スポンサーサイト
活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2014/07/30

小学生とのマッサージ教室

アロマボランティアCocoro代表の安藤たきこです。

いつもは保育園での活動ですが、
今回は陸前高田の小学生たちと香りとふれあい教室をしました。



このバスの止まっている左手が今回お借りした活動場所です。
後ろに見えるのが小学校で、今右手の仮設住宅になっているところは、
元々は小学校の校庭です。
子供たちが走り回る場所がない、運動する場所がない、
四年も経つと改善されているようにおもいがちですが、
現地はあの時から時間が止まっています。



保育園で会った子供たちも、背が伸びて大きくなっていて、
表情も少しお兄ちゃん、お姉ちゃんになっていました。

恒例の香りあてゲーム、グレープフルーツにしたのですが、
一人がくさーい!と言い始めると、みんなくさーい!と。笑!!
あれ、保育園では人気の香りなんだけどなぁ。いやー参りました。
子供たちと笑ってしまいました。



気を取り直して、ヒントに美味しい果物というと、
いい香り~と言い始める子も。笑。
高学年のバレー部のみんなも一生懸命考えてくれました。



アロマケアワーカーさんの背中を借りてデモンストレーションしながら、
みんなでストーリーマッサージ、スタート。



キャハキャハ、くすぐった~い!という笑い声に、
こちらまで笑ってしまいます。



さすがに小学生、みんな上手です。
優しいふれあいが心や体をリラックスさせてくれること、
それに言葉なんていりません。
この感覚を知ってもらったり、覚えてもらうことにこの活動の意味があります。



疲れてるお友達や家族がいたら、優し~く今日のタッチをしてみてね。
そう言うと、この教室の数日後、
「私の背中を娘がマッサージしてくれました。」と保護者のママさんからメールが来ました。



最後に空の上からのお手紙。
パイロットからの「陸前高田の子供たちへ。」と書かれたお手紙を渡しました。



さて昨日の特集ですが、無事に岩手で放送が終わったようです。
岩手のみなさん、温かいメッセージありがとうございました。
これまでの活動がよくわかり、リアスの活動がとてもよくまとまっていたそうです(^^)
またDVD届いたら、ご紹介します。

森の小舎の赤川さんが、ブログに紹介して下さいました。
「写メでパシャパシャ撮ったよーー…でも携帯で送れないからブログにしちゃった!」と、朝からメールを頂きました。
テレビ見ながら撮ってくださるその姿を想像すると、なんだか嬉しいですね(^^)
もう、陸前高田は第二の故郷です。
たくさんの素敵な地元の方々が支えてくださってます。

森の小舎
http://s.ameblo.jp/hirota-morinokoya/entry-11902041971.html


活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

Cocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html
活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2014/07/28

7月29日 テレビ朝日さんで放送されます。

アロマボランティアCocoro代表の安藤たきこです。

活動レポートの途中ですが、ご案内です。
下記の日程で、活動の様子が放送予定です。


7月29日 テレビ朝日 スーパーJニュース 岩手版
(Jチャンネルいわて)18:15~




いつもご支援いただく皆様に少しでも現地の声、
子供たちの笑い声が届けばと思います。



“心のケアの必要性を伝えたい。”
岩手朝日テレビの矢野さんの心のこもったメッセージに、
私たち自身とても心動かされ、今回の取材となりました。



大きくすることも目立つこともこの活動の目的ではないから。
ずっとそう言い続けてきました。


差し入れに頂いたカラツブという貝の食べ方を教わってます。絶品…(≧∇≦)


この活動は素晴らしいから続いているのではなく、
心のケアが必要だから続いているのだと思っています。
そんなCocoroの想いに賛同し、
二日間密着取材していただきました。



この活動は現地で頑張るアロマケアワーカーさんたちと
いつも支援、寄付してくださる皆さま一人一人が作り上げて下さる活動です。
動く動画を通じて、文字以上の現地の声や様子が伝わればいいなと思います。
岩手の皆さん、見てくださいね!!!
明日18:15からです☆ よろしくお願いします。



今回の取材にあたり、私たちと矢野さん(写真左の右側)を繋いでくださった、
これまでずーっとお世話になっている陸前高田市のカフェオーナー、
森の小舎 赤川さん(写真左真ん中)に感謝。

森の小舎 http://s.ameblo.jp/hirota-morinokoya/


活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

Cocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html



活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2014/07/26

仮設住宅でのアロママッサージ

※7月29日 テレビ朝日 スーパーJニュース 岩手版 (Jチャンネルいわて)18:15~にて活動の様子が放送予定です。

アロマボランティアCocoro代表の安藤たきこです。

今回の活動はまず、2時間のランチミーティングから始まりました。
スポンサーでもあるアサヒビールさんから網干さん、
アサヒワンビールクラブさんから岩田さんも、
はるばる大阪から大船渡&陸前高田にお手伝いに来ていただき、
初めて支援する側とされる側、そして活動する側、この三角形を繋ぐ機会にしました。



顔合わせを終えて、向かったのは大船渡市にある仮設住宅。
お子さんのいるアロマケアワーカーさんも増え、さらにパワーアップ。
いつもアロマケアワーカーさんたちが活動している場所で一緒に活動しました。



仮設での活動は、現地チームCocoroリアスが立ち上がってから初めてスタートしました。
それまでにも何度も打診したことはありますが、
仮設住宅を管轄している団体が忙し過ぎて新しい活動受入の準備が整わないなど、
様々な都合で実現しませんでした。



ボランティア。いくら無償といえども、受け入れる側も人集めや宣伝、会場の準備など沢山の準備が必要です。
決して土足で入る活動にしたくないので、
活動中に出会った仮設の方の「来て欲しい。」という声があっても、
必ず通すべきお役所や担当者の方の許可をもらい、誰もが心地よく受け入れてもらえる準備をしてから活動をしてきたのがCocoroの活動。
そういった意味では、人のつながりなくして現地に入るのは難しいというのは事実で、
こうして現地チームCocoroリアスのメンバーがいることで、
本当に届けたかった、本当に心のケアを必要とする方々に届くようになったことは素晴らしい変化だと思っています。
確かにいきなり自宅に無料アロママッサージいかがですか?と来られても、
私なら怪しんで断りますよね。笑。



Cocoroリアスはほぼ毎週、大船渡市か陸前高田市で活動していて、
ここでの活動は月に一度。



「代表の安藤です。」とご挨拶すると、
「もぅ、つぎにいぢどぎでくれるのが楽しみなのよぉ~。」
「もっと来て欲しい。足りないくらいよ。」アハハ~と笑うおばあちゃまたち。



車がないとどこにも出られません。
あの年からずっとずっと仮設暮らし。
笑顔の裏には沢山の想いがあることは、話さなくてもわかります。



「Cocoroさんが来てくれる日はよく眠れるのよ。」これもよく言われた言葉。



「地域が地域を癒すことに意味がある。
でもその後ろには全国、世界中の人の心があることが、もっと意味がある。」
そんな風にアロマケアワーカーさんたちは話して下さいます。



離れている私たちは笑顔を見れば大丈夫と思うことも多いです。
でも四年間という先の見えずに過ごしてきた月日と
ある日突然大切なものが一気に消えてしまったことの傷がどれだけ深く深く人の心に残っているのか、
緊張で凝り固まった肩の筋肉や浅い呼吸、
手で触れながら気付くことが沢山あります。

活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

Cocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

Cocoroのブログはこちらから
http://cocoroaromacare.blog.fc2.com



活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2014/07/24

四年目の陸前高田市

アロマボランティアCocoro代表の安藤たきこです。

活動中、土砂を運ぶためのベルトコンベアが完成したとニュースが流れました。
ダンプカーで10年かかるところを、
これができることで3年で運べるのだそうです。



山から海のあたりの平地までずっと繋がっています。



これができたことで、このエリアのダンプカーは激減したそうで、
現地の方々は喜んでいました。



ただ広大な被災地ですので、他のエリアは変わらず今もダンプカーが走り回り、
運転するのが怖いよ~と話すおばあちゃんも沢山いました。



上の写真はずっと活動していた保育園の再建地。
なんと再建費用は6億円もするのだそうで、赤十字とマレーシアからの寄付で、
四年目にしてようやく実現するのだそうです。
このエリアはほとんどが津波の影響で再建禁止エリアなので、
結局、山を切り崩すところから費用がかかります。
最近家を建てた人の話では、結局、家自体よりも地盤改良などの、
土台の工事代が家と同じくらいの費用がかかったと話されてました。



なぜ家を建てられないのか?
その理由を現地に行くと、納得しました。
助成はあるにしても百万円単位。
山を切り崩して土地を作るなんて、普通の人にはできません。
だからこそ、パイプラインで土砂を運び、
土地を作り、そこに家を建てられる環境ができるまで仮設から出られない、
というのも一つの理由だと気付きました。



毎年現地からもらう震災の日のメールは、
「ここでの生活はあの日から変わりません。」
という言葉。
こうして私たちが発信することに意味があればいいなと思うのです。


活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

Cocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。