東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2015/11/24

岩手めんこいテレビ 11/26放送予定

岩手めんこいテレビさんからご連絡を頂き、
先日諸事情により放送されなかった活動の放送が、
11月26日 木曜日 午後18:20頃~
に決まりました。
3日間ずっと密着して活動を撮って下さったので、
現地の方々の心の声が伝わる機会になればいいな
と思っています。
岩手にお住まいの皆さん、良かったらご覧ください。



活動初日、新幹線の到着駅一ノ関駅の近くで、
今年初めて見つけた南天の実。
日本の冬もすぐそこですね。

アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html



スポンサーサイト
活動日記 | Comments(1) | Trackback(0)

2015/11/17

今回の活動を通して

のんびりな更新になりましたが、最後まで読んでくださり、
本当にありがとうございました。
13回目の活動は無事に終わりました。
最終日、カーナビに表示される〝踏切〟を探して辿り着いたところには〝踏切〟はなく、
そんな街に残る沢山の爪痕を眺めながら、失われた命を想い、
この活動の意味を考えながらみんなで帰りました。



Cocoroができることは、
いい香りを嗅いで、ほっと一息、お茶っこさ飲む時間を作れることと
手の温もりで、心がちょびっとほっこりする時間を作れること。
小さな小さな活動ですが、
人を元気にできるのは、やっぱり人だと思うのです。



どんどん私たちの支援も現地チームCocoroリアスの
後方支援になっていくと思います。
でもそうやって形を変えることで、
今度は私たちでは気付かなかったところに目が届き、
また新しいものが生まれると思います。

仮設住宅を出た後、災害公営住宅で孤独死するような方がいること、
「仮設を出られたから良かった。」だけではない現実がそこにはありました。
私たちの活動が続くのは、そこで頑張り続ける人がいて、
温かく迎えてくださる方々がいて、
そこには沢山の希望が見えるからだと感じました。

今年の現地チームCocoroリアスの陸前高田での活動はあと2回、
大船渡では仮設から災害公営住宅に移ったおばあちゃんたちのところでの活動が1月に再開、
と、まだまだCocoroの活動は続きます。
〝できる人ができることを〟のスタンスで、
これからものんびりやっていきたいと思います。
『もう来なくていいいいべ。』の日まで、
どうか変わらずよろしくお願いします。


アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

ハートフェルトプロジェクト
http://aroma-jubilee.com/Heartfelt.html

活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

※Cocoroの活動はすべて皆様からの心温かい寄付で続けられています。寄付は現地で借りるレンタカー代や燃料費・物資代、活動時の民宿代の一部、現地メンバーのボランティア保険代などに役立てさせていただいています。息長く必要とされる心のケアに役立てるため、どうかご支援の程、よろしくお願いします。










未分類 | Comments(0) | Trackback(0)

2015/11/16

チャイルドケアワーカー誕生

11/6-8 の活動をのんびり更新してます。
あとしばらく、最終日までのこと、書き綴りますね。
活動を支援して下さる皆様や、お手伝い下さった皆様に
少しでも活動の様子が伝われば嬉しいです。

東京表参道にある自然療法の国際総合学院 IMSIで
普段行っている〝ポジティブタッチフォーキッズ講座〟を
今回陸前高田市で開催しました。
この目的は、これまで私たちが保育園などで、
2011年から行っている活動を、
現地の皆さんができるように引継ぐことです。



朝から教材の最終準備を手分けして、
〝自分たちの町の人を元気にしたい!〟と集まって下さった
陸前高田市・大船渡市の方々と楽しく講座をスタートしました。
現地チームのアロマケアワーカーさんも沢山います。



元気に見えても、みんなどこか苦しんでる、
だから少しでも心安らぐ時間をあげたい。
最近立ち上げたママサークルで使いたい。
中学校の保健室で活用したい。
保健施設、小学校で使ってみたい。
それぞれの想いを持って参加して下さいました。



理論と実技、両方を学びながら、
子供と楽しむアロマセラピーも学びます。



紙芝居を使って背中を優しくタッチする、
ストーリーマッサージ。
これは子供はもちろん高齢の方まで、
幅広く活用できるので、
心のケアが求められる環境できっと役立つはず。



最後にはそれぞれグループになって、
オリジナルのストーリーマッサージを作ります。



「オリジナル?!!そんなの1日でムリだよ!」
と、毎回聞くセリフなのですが、
最終的にはどのグループも楽しくて簡単、
そして面白い?!笑、ストーリーマッサージができました!



子供達が好きそうな、猫の動きで、
みゃーみゃー、みゃー、と、
優しく背中を撫でていきます。



こちらのグループは、絵まで描きながら、
もう紙芝居まで作れそう~~!!!と!



これで子供から大人までの活動に、ぐっと幅が広がるはず。
無理なく、楽しく、ちょびっとずつ、
地域の人を癒す活動に役立ててもらえたら嬉しいです。
今日ご参加の皆様は、自然療法の国際総合学院IMSI認定の
ポジティブタッチフォーキッズ講座修了証を授与されました。



お寄せ頂いた寄付で今回の講座にかかる諸費用、
また新しいメンバーの今後のボランティア保険代などを負担させて頂くことになりました。
少しずつ現地のペースで、
外部の私たちがしてきたことを引き継ぐことで、
年に数回のイベント的な形ではなくて、
日常的な心のケアに役立てばいなと思います。

自然療法の国際総合学院 IMSI
http://www.imsi.co.jp/sp/

アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

ハートフェルトプロジェクト
http://aroma-jubilee.com/Heartfelt.html

活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

※Cocoroの活動はすべて皆様からの心温かい寄付で続けられています。寄付は現地で借りるレンタカー代や燃料費・物資代、活動時の民宿代の一部、現地メンバーのボランティア保険代などに役立てさせていただいています。息長く必要とされる心のケアに役立てるため、どうかご支援の程、よろしくお願いします。






活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2015/11/14

クラフト講座と懇親会

11/6-8 の活動をのんびり更新してます。
あとしばらく、最終日までのこと、書き綴りますね。
活動を支援して下さる皆様や、お手伝い下さった皆様に
少しでも活動の様子が伝われば嬉しいです。

~お知らせ~
11/12 放送予定だった岩手めんこいテレビさんでの放送は、
残念ながら諸事情によりなくなりました。


2日目の午後は、地元チームCocoroリアスのメンバーと
懇親会、クラフト講座(ハーブバスパック・バスボム作り)、茶話会、施術体験と、
これまた盛り沢山な半日でした。



大阪から来て下さったセラピスト岩田さんによる
ハーブバスパック講座。
現地メンバーが、仮設住宅や子供達との活動で使えるように
「火を使わず、簡単に、安全にできる講座」をコンセプトに、
色々と考えてきて下さった講座です。



ハーブのお勉強をして、みなさん好きな香りや色のハーブを選んで、
思い思いのハーブパックを三つずつ作りました。
そして岩田さん特製のハンドタオルを使ったアイピローの作り方など、
これ絶対おばあちゃんたち喜びそう!!といった
被災地でも活用できそうな様々なアロマの使い方を紹介して下さいました。



それから茶話会をして、今後の課題や方向性を話し合い、
またCocoroを立ち上げた菅原さんと私の想い、
またアロマケアワーカーの皆さんもまた、
当初の想いへ立ち返ってもらったりもしました。
〝復興からもう一つ先のステージに来た。
でも震災後の心の痛みを抱える人はまだまだ多い。
そんな方々へ、無理なく、できることを、
細く長く、やっていきましょう〟という話になりました。
形は少しずつ変えながら、
「もう来なくていいべ。」という日が来たら、
旅立ちの会をしてみんなで卒業する、
いつかそんな日が来るくらい心も戻っていくようにと、
沢山願いながら話を終えました。
そして普段施術してばかりのケアワーカーさんたちへ、
私達からほんの少し、施術のプレゼントをして、
最後に野崎さんのバスボム作り講座をしました。



これもまた、
「火を使わず、簡単に、安全にできる講座」をコンセプト。
シュワシュワ発泡する入浴剤作り。
こちらでも買える材料で作るので、
親子教室や色んなところで使ってもらえそうです。
野崎さんの細やかな説明で、みなさん、これならできそう!と目が輝いてます。



そうそう、今日の活動から岩手在住で23歳の、
中井さんがCocoroに加わってくださいました。
早速、仕事で1日遅れて現地入りする
現地コーディネーター菅原さんを岩手県前沢から乗せて来て下さり、
運転・撮影を担当して下さいました。
これでCocoroメンバー、23歳~69歳という
幅広い年齢のチームになりました。
レスリングの学生チャンピオンだったそうで、
私達の重い物資をひょいひょい片手で運んでくれてます。



Cocoro5年目、また頼もしい仲間が増えました。
これからは私達本部と現地をつなぐ、
とても大切な役割をお願いする事になりそうです。
現地の方々もとっても温かく迎え入れて下さって、
頼もしい限りです!!また新たな形となり、一歩先へ進めそうです。



色んな人の色んな心が繋がることで、
誰かの心が、ほんの少し、ほっこり温まればいいなぁ。

アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

ハートフェルトプロジェクト
http://aroma-jubilee.com/Heartfelt.html

活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

※Cocoroの活動はすべて皆様からの心温かい寄付で続けられています。寄付は現地で借りるレンタカー代や燃料費・物資代、活動時の民宿代の一部、現地メンバーのボランティア保険代などに役立てさせていただいています。息長く必要とされる心のケアに役立てるため、どうかご支援の程、よろしくお願いします。





活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2015/11/13

仮設・災害公営住宅の方々へ

11/6-8 の活動をのんびり更新してます。
あとしばらく、最終日までのこと、書き綴りますね。
活動を支援して下さる皆様や、お手伝い下さった皆様に
少しでも活動の様子が伝われば嬉しいです。
昨日、岩手の新聞社、東海新報さんの記事に
活動の様子を紹介してくださっていたと、
現地の方から教えてもらいました。
あ、ちなみに私の体調心配して下さった方も沢山いますが、
帰って翌日はぐうたらしまして、
今はジムに行ったり、日常に戻ってます!
報告会もしたいなと思ってますが、
もう少し事後処理することも沢山あるので、
落ち着いたら企画しますね。


2日目の午前は、地域のコミュニティセンターで
仮設住宅に住んでいる方や災害復興住宅、
近隣に住んでいる方々への施術。
今日もまた全国からのセラピストと、
地元チームCocoroリアスのメンバーと活動。



原かのこさんの作って下さったチラシを見て
来てくださったおじいちゃんやおばあちゃんも
沢山いましたし、
現地メンバーが地道にお声がけしてくれました。



「お茶っこさ飲むとこもないんだべ。」
六畳一間の仮設に住むおばあちゃんは、
「押入れもないから布団を出したままで、
テーブルさ置いても誰か呼んだりできねぇ。
夏だと外に椅子を置いてみんなと話せるんだがなぁ。
みんなで集まるのが好きだからここさ来た。
賑やかで嬉しい。人恋しかった。」
と嬉しそうに話してくださいました。
このアロマボランティア、地域のコミュニティ作りにも役立っていました。



香りのプレゼントには、沢山の想いの込められていること、
ハンドマッサージ、はい、終了!ではなくて、
そこから少しおしゃべりタイムも持てて、
吐き出す場になることも大切なのかもしれません。
ハートフェルト考案者、岡村さんのアイデア、本当に大人気です。



香りのハートのフェルトの使い方を他のおばあちゃんに説明してる方の横にいると、
「〝ちちっこバンド〟さ入れればいんだべな?」と急にふられ、
一瞬何のことか分からず固まってしまいました!!笑。
〝ちちっこバンド=ブラジャー〟のことらしいです、
可愛い方言。笑!!!
下着からほのかに香りがしてきますからね、
それもいいですよね^ ^

参照:NHK時論公論「遅れる住まいの復興」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/sp/100/193625.html

アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

ハートフェルトプロジェクト
http://aroma-jubilee.com/Heartfelt.html

活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

※Cocoroの活動はすべて皆様からの心温かい寄付で続けられています。寄付は現地で借りるレンタカー代や燃料費・物資代、活動時の民宿代の一部、現地メンバーのボランティア保険代などに役立てさせていただいています。息長く必要とされる心のケアに役立てるため、どうかご支援の程、よろしくお願いします。

活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。