東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2015/12/11

掲載記事 : 毎日新聞

あれ!! 全国紙と伺っていたのですが、
発行地域が変わったのかもしれません。
関西の家族が、あれ?載ってないよと連絡をくれました。申し訳ありません。
今朝の毎日新聞さんの東日本、北海道の朝刊に、
カラーでとても大きく取り上げて頂きました。



学生時代、思えば私もこうした報道の中で、
震災でせっかく助かった命を
仮設住宅で絶つ方々がいたこと、
孤独死していく方々がいることを知りました。
中学生の心にはとても衝撃で、
心が元気になるにはとても時間がかかることを覚えました。
まさか当時の記者の方は、それから20年後、
こんな活動のきっかけになるとは思わなかったかもしれません。
でも、またこの記事を読んだどなたかが、
どこかでいつか、何かの役に立ててもらえたら
本当に嬉しいなと思うのです。
もちろんCocoroのご支援を新たに考えて頂けたら
もっと嬉しいです^ ^



心をつなぐアロマボランティア。
取材に来て下さった根本さんが、
「今から取材に行くおばあちゃんは、
今もまだ行方不明の旦那さんの死亡届を出せずにいてね、
あぁ、ここに連れて来てあげたかった。」と。
地元チームCocoroリアスが定期的に活動することは、
そんな小さな声を聞いて叶えられるところに
大きな意味があると思います。
もちろん全国から私たちが行くことも大切ですが、
大規模な活動でなく、
そっと地域の方に寄り添いながら活動できるのが
一番のCocoroの強みかもしれません。
来年も宜しくお願いいたします。


アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html





スポンサーサイト
活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2015/12/09

毎日新聞全国版でのCocoroの紹介

Cocoro事務局です。

12月11日 発刊の毎日新聞さんの全国版にて
11/6~8に行われた活動の記事が掲載予定との連絡を頂きました。

全国のみなさん、
よかったら是非新聞記事をご覧になってください。

先日の岩手めんこいテレビさん、
また今回の毎日新聞社さん、
こういったCocoroの活動を現地広報役としてサポートくださってるのは
陸前高田のカフェ 森の小舎のオーナー赤川さん

海辺のカフェ「森の小舎」

活動初期よりCocoroの活動をいろんな側面で
支えてくださっています。

これからも現地にいる方々と一緒に考え、
共に活動を行っていきながら
よりよいカタチで心がほっこり温まる活動をしていけたらと思います。

どうかCocoroの活動に息長いご支援をよろしくお願いします。



アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

ハートフェルトプロジェクト
http://aroma-jubilee.com/Heartfelt.html

活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

※Cocoroの活動はすべて皆様からの心温かい寄付で続けられています。寄付は現地で借りるレンタカー代や燃料費・物資代、活動時の民宿代の一部、現地メンバーのボランティア保険代などに役立てさせていただいています。息長く必要とされる心のケアに役立てるため、どうかご支援の程、よろしくお願いします。

活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)

2015/12/04

5年目のCocoro (動画)

岩手めんこいテレビさんのプロデューサーさんから、
放映分が動画で見れるとご案内頂いたので、
ご紹介させてもらいます。



動画はこちらからご覧になれます。
岩手めんこいテレビ FNN NEWS
http://www.fnn-news.com/localtime/sp/iwate/detail.html?id=FNNL00031015


現地チームCocoroリアスメンバーの施術風景や、
子供達の笑顔、現地の方々の声が生で聴いていただける
とても貴重な映像になりました。
(なんだか私が目立ってしまって恐縮ですが…汗。)



寄付をして下さったり、心の中でそっと応援して下さったり、
小さな小さな沢山の方々の想いがこの活動の全てです。
そして、それを温かく受け入れて下さる、
陸前高田や大船渡の方々のお人柄や一生懸命頑張る姿があるからこそ、
また新たな心が繋がり、5年経った今、この形になったのだと思います。
さらにこれから先、3年、4年と仮設生活が確定している今、
心のケアという意味での復興は道半ばでしょうか。


(3日間密着取材して下さったプロデューサーさん(女性)とカメラマンさん(男性)と最後に記念撮影。)


これからも現地チームと一緒に考え、必要なニーズに形を変えながら、
心がほんの少し温まる活動にしていけたらいいなと思っています。
「もう来なくていいべ。」
現地の方々がそう感じる日まで、まだあと何年もかかるかもしれません。
でも今回活動してみて、その日は必ず来ると感じました。
子供達の成長、少しずつ変わりゆく人の心、
5年目の今、まだまだはっきりと見えないだけで、
そこには沢山の希望の芽がありました。
これからも支援が必要なくなる日まで、
どうか息長いご支援をどうかよろしくお願いします。

アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html









活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。