東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2012/10/19

香りと人の手の温もり

朝、民宿の部屋からの眺め。 
震災後これまで沿岸部の宿に泊まっていても私たち以外は全員復興作業者の方々ばかりでしたが、
今回初めてスーツをビシッと決めた出張中のビジネスマンを一人見かけました!

DSC06664.jpg

街の状態はまだまだこんな感じですが、以前に比べ復興作業車以外の一般の車両も増えていて、
人々の暮らしが徐々に戻り始めている様子を感じられました。

DSC06667.jpg

今日は2チームに分かれて活動です。 
1チームは保育所を3カ所回り、もう1チームは午前中は保育所、
午後は地元の温泉で仮設住宅に住んでいる方々や地元の方々を対象にマッサージです。

DSC06707.jpg

どこでもとにかく休む間もないくらい大盛況でした。
どんな場所に行ってもどこにいても、とにかく皆さんが頑張りすぎるくらい頑張っていて、
弱音を吐けない状態にあるのがよくわかります。

DSC06723.jpg

今日は数えきれないくらいたくさんの子供たちと出会いました。
ちょうど明日は老人ホームに子供たちが遠足に行く予定だそうで、
早速子どもたちからおじいちゃん・おばあちゃんにしてみます!とおっしゃっていました。

DSC06753.jpg

今回、空の上からたくさんの同僚たちがメッセージを書いてくれました。
欧州の客室乗務員たちから日本の子供たちへ。
一言でいいよ、と言ったのに、みんな長文のお手紙を書いてくれました。
中にはパイロットたちからのメッセージもあって、子供たちは目を輝かせていました。

DSC06820.jpg

この温泉は海の目の前にあるにも関わらず、たまたま津波の方角と違ったために被害が少なかったそう。
仮設住宅のお風呂は狭いからと、仮設の方々や地元の方々の憩いの場所になっています。

IMG_4439.jpg

午後から入っていたチームに保育所での活動を終えたチームが合流し、夜19時まで目一杯活動しました。
私たちの活動は完全に無償ですが、この温泉での活動は温泉へいらした方が限定です。
これは現地の方々と話し合って、地元の温泉の復興のお手伝いになるように、と出来上がった形。 
“アロマ”という1つのツールを使って、色々な形で人が、街が、元気になればと思うのです。

IMG_4464.jpg

震災後第1回~第3回の活動は99%が女性の方が受けていました。
それが前回は14%が男性でした。 今回もまたかなりたくさんの男性が受けています。
家族や家、仕事を失った男性の心のケアも本当に必要とされているものの一つなのです。
活動日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。