東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013/03/28

被災地へヒアリング

Cocoroの次回の活動に向けて年末から準備を進めていますが、
岩手県陸前高田市に現地入りしてのヒアリングを始めました。
今回打ち合わせの必要な内容が多いため現地コーディネーターさんには一泊二日で足を運んで頂く予定が、
近隣都市含めて12カ所以上の民宿全てが今月は満室でした。
やむなく往復5時間かけて、2日連続で行って頂くことに。
こういう不便さやスムーズにいかないのが、
やはり被災地の現状だとつくづく感じています。



七万本の松林の中から生き残った一本松は、レプリカとなって戻ってきていました。
お彼岸ということもあり、瓦礫を撤去した土地には花が手向けられていて、
市内の高台はあちこちで木が切られ土地の造成がされていました。
ただ工事車両で市内の道路は渋滞していて、不便な生活が余儀無くされています。
瓦礫が片付き、復興が少しずつ形になり始めていますが、
仮設住宅に住む方たちはかなりストレスがたまっているようです。



四月初旬までには一緒に活動するセラピストの募集も始めます。
現地の方々はCocoroの活動はいつ?と楽しみにしてくださっています。
まだもう少し現地との調整が必要なので、
密なやり取りが続きますが、
震災から三年目、
心のストレスは軽減した人もいれば、むしろ増えている人もいます。
そんな状況を離れていても理解する想像力を持ちながら、
準備を進めて行きたいと思います!!
活動日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。