東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013/06/12

子供たちの笑い声

沿岸部の保育所で毎回行っている“香りとふれあい教室”。
「香りってなあに?」というタイトルの手作り紙芝居、香りあてゲーム、
そしてストーリーに合わせて背中をマッサージするストーリーマッサージ、
子供の心のケアを目的とした楽しい癒しの教室です。

DSC08259.jpg

香りあてゲームでは、みんな一生懸命、考えてくれます。
「さて、なんでしょう~?」と聞くと、元気よく大きな声で
「ももーっ、レモンーっ、グレープフルーツーっ、オレンジーっ、ぶどうーっ。」と。

DSC08264.jpg

今回の答えは“グレープフルーツ”!! あたったー、外れたー、
ワイワイ賑やかに一気に子供たちの緊張も吹き飛びます。
なんとも偶然、この日の子供たちの給食もグレープフルーツで(笑)
午後に行ったクラスでは、ほぼ全員正解でした♪

DSC08165_20130610023449.jpg

イギリスから届きたてホヤホヤのストーリーブック。
今回はこれまでの活動のフィードバックを生かして、
新しい動物さんたちの楽しいお話です。

DSC08277.jpg

たのしーーーー!!! きもちーーーー!! 子供たちの笑い声で溢れました。
このストーリーブックは日々の子供たちの心のケアになるようにと、
各活動場所へプレゼントしています。

DSC08172.jpg

「きゃはははは」隣の部屋から笑い声が聞こえるなあと思ったら、
早速!!!先生と子供たちで楽しんで下さっていました。
ふれる力、香りの力って本当に凄い。
先生方もダンスや歌などアクティブな動きをすることは多くても、
ゆったりした動きで、リラックスさせることって少ないから、とっても良かった、と。

DSC08190.jpg

今回も100名を越えるたくさんの子供たちに出会いました。
0歳児クラスにもたくさん赤ちゃんがいて、
きっとあと4年、5年すると津波を知らない子供たちに出会うんだなと思うと、
とても不思議な気分になりました。 
子供たちの笑い声、それは直後も今も、街の活力、エネルギーだなぁと、
今思い出しても笑顔になってしまうくらいパワーに溢れていました。

DSC08141.jpg

今回いただいたメッセージはすべてを写真におさめきれていませんが、
マッサージのお部屋に飾った後、保育所や仮設の方々がマッサージを受けに来た場所、
それぞれの場所にお渡ししてきました。

DSC08289.jpg

子供たちに頂いたものはできるだけ保育所へ、
時間の許す限り説明も入れながら、送ってくださった方々からの想いを伝えました。
「もう被災地のことは忘れられているのではないか?」
と話していた現地の方々は、とても真剣に読んで下さっていました。 

DSC08288.jpg
活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。