東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2013/06/18

なんぼあでもあるじゃ。

アロマボランティアCocoro第六回目の活動にあたり、ご支援、ご協力頂いた皆様、
本当にありがとうございました。
男性の手はいつでも頼りになります。
運転、物資の運搬、撮影をしてくださった男性陣、木村さん(左)と木下さん(右)。



温泉での活動をまとめてくださった看護師 兼 アロマセラピストの山下さん。



東北弁なら任せてと青森からきてくださった根井さん。



岩手が出身、大船渡でご親戚も被災されている中村さんは東京から。



桑本さんは東京から二度目の参加。
講師アシスト、温泉での活動、保育所と駆け回って下さいました。



名古屋からは山本さん。 保育所と温泉施設を担当して頂きました。



神戸からは野崎さん。
代表の安藤と同じくマッサージインスクール協会英国支部インストラクターでもあり、
保育所を主に担当して下さいました。



地元の方の意見を取り入れ、アロマハンドマッサージだけでなく、
肩揉みケアまで学べる講座を作ってくださったギル先生は京都から。



代表の私はいつもと変わらず主に保育所担当。
今回は二泊三日で五カ所の保育所を回りました。



Cocoroに絶対いなくてはならない存在、現地コーディネーターの菅原さん。
事前準備に何度も現地の方とお会いし、
信頼関係を築き、活動の土台を作って下さいます。



そして地元の方々のたくさんのご協力。受付は地元の漁師の奥様方。
セラピスト以外の業務はすべて地元の方です。
他にも事務作業などを行って下さる大勢のボランティアスタッフがいます。



香りと手のぬくもりでできること、
心を寄り添い合わせて、できることを続けること。
私たちの活動は、ただ、それだけです。



地元の方に、Cocoroの活動は「なんぼあでもあるじゃ。」と言われました。
意味はお金には変えられない、お金の価値にするとものすごいという意味だそうです。



私の顔を見た途端、
「あの大変だった時にも来てくれたね。」と号泣した方がいました。
今も変わらぬ仮設生活。。。
いろんな心の変化を共にしています。

Cocoroさんが来るから、と地元のお菓子屋さんに走ってくださった方々。

いつまでもいつまでも手を振って見送ってくださった方々。

この活動は誰一人、利益を上げていません。
地元の方も活動メンバーも支援する方も、
ただ少しでも前へ進めるようにという想いで、心だけでつながっています。
例え15分ワンコイン頂いても、100名しても5万円。
東京からセラピスト二人分の旅費で終わってしまいます。
この活動は“ボランティア”だからできるのです。

こうして続けられること、それは広く支援してくださるお一人お一人の小さな力のおかげです。



最後に…、
活動に参加したメンバーを支えてくださったご家族の皆様、
ありがとうございました。

ここでの活動は、ちょっとハンドマッサージではありません。
千年に一度と言われる災害で被災した方々からのお話を何時間も聞き続けます。
それがセラピストの仕事だと言われればそれまでです。

でも、精神的にはとてもハードな活動です。
亡くした人が両手で収まらない人だけでどれほどいるでしょう。
ここには書けないような無惨な話だけで、
どれほど心に突き刺さるものがあるでしょう。

セラピストも人間です。
涙も出ます。 辛くもなります。空元気になるかもしれません。
復興の進まぬ被災地から、都会に戻る時、
日常が日常に戻れば戻るだけ、セラピストの戻った後の心のケアも必要です。



長く続けるために。

たくさんのことを学んでいます。

これからも、どうぞよろしくお願いします。
活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。