東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


2013/11/22

地域の方々と作る新しい形

今、アロマボランティアCocoroチームは陸前高田市で二泊三日滞在しています。
今回は初めて私は現地に行かず、バックアップをしています。

毎日送られてくるメールや写真に、ただただ胸がいっぱいな時間を過ごしています。


photo by A.Okamura

移動中に綺麗な虹が見えたとメール。
陸前高田の空に広がる雲や虹、夜空の星を見る度に、
そこにたくさんの命があったことを思い出させてくれます。


photo by K.Sugawara

今回から初めて、六月に養成講座を終えたアロマケアワーカーさんも一緒に活動しています。
これまで行き届かなかった仮設住宅でのアロママッサージをしています。

全国からのボランティア6名、受付をしてくださる地元の漁師の奥様チーム数名、
アロマケアワーカーさん2日で9名!
ものすごいスタッフの数で活動しています。


photo by K.Sugawara

「病院に行っても痛いところに注射されるか薬をもらうだけ。
さわってもらうのは、こんなに気持ぢいのがぁ。」

90代のおばあちゃんの一言。

保育所、仮設住宅、温泉施設を借りての被災した方へのケア、
アロマケアワーカー第二期生養成講座の開催、
着々と地域が地域を癒す形へと
少しずつ形を変えながら進んでいます。

アワビの漁が始まり、来れないと言っていた地元の方も、
なんとか時間を作り、駆けつけてくださっているようで、
地元の方々の温かい気持ちに活動メンバーもきっと癒されていることと思います。

離れていてもできること。
それは想いを寄せること。
今日、全員が無事に元気に戻るまで、
私も横浜から沢山の祈りを捧げたいと思います。

被災地での心のケア。
それは息長く、人の縁を大切に、じっくり向き合わなければなりません。
支援してくださる皆様、見守って下さる皆様なくしても、続けられません。
本当にありがとうございます。
また改めて現地の写真が届いたら、レポートしたいと思います。
活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示