東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2014/05/25

陸前高田市の今

アロマボランティアCocoro代表の安藤 たきこです。

陸前高田に初めて足を運んでから4年目。
当時はまだ道路も海水に浸かっていたり、
瓦礫どころか家財道具や子供のおもちゃまでもがその日のまま散乱していました。
それが瓦礫の山々となり、いつしかそこに植物が生え、一面広大な緑の敷地と化し、
その時々の沢山の人たちの心に寄り添い今に至ります。

今、3年かかってなくなった瓦礫の山は、
切り倒した莫大な量の木材の山になっています。



山の土を運ぶダンプカーは、こんな狭い道をかなりのスピードで通り抜けます。
私たちが活動した保育園では、
危なくて子供たちをお散歩に連れて行けないから、
3歳くらいの子が『お散歩』を知らないと話されていました。
小学生なら校庭で走り回れるのでは?と思うかもしれません。
でも校庭は今も仮設住宅で埋め尽くされています。
活動中、高齢のおばあちゃんがこんな道を渡ろうとしていて、
見ている私たちがヒヤヒヤするなんて場面も。



陸前高田市は街のほぼ全域が津波の影響で再建できないため、
山の高台に街を移す予定なのですが、
この山の土をトラックで運ぶ作業だけで10年近くかかる見通しだったため、
沿岸に新しく巨大なパイプラインを建設しているところでした。
これはものすごくこの作業をスピードアップできるそうです。



陸前高田市だけで55カ所の仮設住宅があり、今年の4月現在で総戸数1928戸、人数にして4722人、
Cocoroリアスの活動エリア、大船渡市は41カ所の仮設住宅、約1800戸、
両市だけで1万人近い方々が今も仮設暮らし。

「私が最後の一人になりたくないな…」
仮設を出られる人、出られない人、様々な格差で、
今、また新たな葛藤で苦しむ人たちがたくさんいます。

今、今回の活動報告書をまとめつつ、
現地の声を書いていたのですが、
私が感じたこと、これからのこと、
本当にこれで合っているのだろうか?と自信がなくなり、
先週一週間かけて現地の方々、数十名にお電話してお話をゆっくり伺いました。



その中で知ったこと、それは『地域の人を地域の人が癒す』形は、
現在の活動場所ではCocoroしかないということ。
リアスのメンバーの中には、
街の人に喜ばれ、そのことが新たに生きがいになった、
震災後もう何もかも気力がおきなかったけど、
今こうして街を元気にすることで自分も元気になれると話す方も。



ただ地域が地域を癒すだけでなく、その後ろには世界中の支援があって、
まだ忘れられていない、今も沢山の人が応援している、
それを知ることで、さらに元気になってくださっているそうです。
中からと外からの支援を“並行すること”、そこに意味があると言われました。



今年一年、私たちは地域が地域を癒すCocoroリアスの活動と、
全国からのセラピストが足を運ぶ活動、
この二つを並行していこうと思います。
そして今後の在り方、それは改めて現地に足を運び、
じっくり現地の方々とミーティングしようと思います。



(Cocoroリアス アロマケアワーカーさんの大船渡市内仮設での活動

リアスの皆さんの今週の活動の様子。
なんとすでに学んだフットリフレクソロジーをしてくださってるでは!



(Cocoroリアス アロマケアワーカーさんの大船渡市内仮設での活動)

今、私たちに何ができるのか?
Cocoroリアスのメンバーを通じて、また今回の活動を通じて、
その先にいる本当にケアを必要としている方々に、何ができるのか。

今回の活動後、新たなプロジェクトを立ち上げることにしました。
誰でも簡単にできて、それはものでもお金でもない支援、心の支援。
近日中に発表しますので、是非またブログを覗いてください。



活動を支援して下さる皆様、いつも本当にありがとうございます。
500円、1000円、一人一人が寄せてくださる寄付があるからこそ、
レンタカーを借りることができますし、
現地の物資を買うこともできますし、
活動を継続することができます。
想いを寄せる方がいるから、私たちの活動に沢山の心がつながります。

無事に第10回目の活動を終えたことを感謝しつつ、
さらに何ができるのか、地域の声を大切に考えて行きたいと思います。
活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。