東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


2014/06/12

いがったよ。

アロマボランティアCocoro代表の安藤たきこです。
Cocoroリアスからの現地レポートをアップします。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今日は高田は梅雨の合間で晴れてちょっといい気分です。
陸前高田市広田町の仮設に行って来ました。
一人のアロマケアワーカさんの地元で、
彼女はリアスでの活動に初デビューしました。

「整骨院に行くべ。と思ってだけど、とってもいがった! 」と、
おばあちゃんも若者も喜んでくれました。
「いがった。」は、方言で、良かったという意味です。
マッサージの後、本当によく聞く言葉。

そう言えば、お一人の方が、震災後、花巻の避難所で
安藤さんにお会いしたことがあると言っていましたよ!



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

今日このレポートを読み、
そしてお会いしたと言ってくださった方の名前を聞いて、
まるでタイムスリップしたかのように、
現地コーディネーターの菅原さんと避難所を回っていた2011年5月のことを思い出しました。

あぁ、その方、お母様と施術を受けてくださった方で、
マッサージの後も沢山お話をして、
いつか、いつか、また会いましょうと話して… あの時間と空間が蘇ります。

それはまだ心を団体にする前で、
その一ヶ月だけで百名を超える方々へ施術をしました。
不思議なことにどの方もお顔も話された内容も、今でも鮮明に思い出せます。

心の活動は、そんな時の活動を知って、
このブログでしか私のことを知らない方が寄付を寄せてくださったり、
友人や家族、親戚が寄付を集めてくれたり、
本当に心から純粋に元気になってもらいたい、
そんな沢山の方の想いが集まり、立ち上げた活動です。

避難所で知り合った方とこういう形で三年後にまた繋がったことを嬉しく思う反面、
あの時の方がまだ仮設で暮らしているのかと思うと胸が痛みます。

がんばっぺし…、でもみんな、いつも頑張ってるんです。
こうして心が繋がることで、また一人、明日への希望を見つけてくれたらいいな。

香りと手の温もりに想いをのせて…。


活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示