東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


2014/07/24

四年目の陸前高田市

アロマボランティアCocoro代表の安藤たきこです。

活動中、土砂を運ぶためのベルトコンベアが完成したとニュースが流れました。
ダンプカーで10年かかるところを、
これができることで3年で運べるのだそうです。



山から海のあたりの平地までずっと繋がっています。



これができたことで、このエリアのダンプカーは激減したそうで、
現地の方々は喜んでいました。



ただ広大な被災地ですので、他のエリアは変わらず今もダンプカーが走り回り、
運転するのが怖いよ~と話すおばあちゃんも沢山いました。



上の写真はずっと活動していた保育園の再建地。
なんと再建費用は6億円もするのだそうで、赤十字とマレーシアからの寄付で、
四年目にしてようやく実現するのだそうです。
このエリアはほとんどが津波の影響で再建禁止エリアなので、
結局、山を切り崩すところから費用がかかります。
最近家を建てた人の話では、結局、家自体よりも地盤改良などの、
土台の工事代が家と同じくらいの費用がかかったと話されてました。



なぜ家を建てられないのか?
その理由を現地に行くと、納得しました。
助成はあるにしても百万円単位。
山を切り崩して土地を作るなんて、普通の人にはできません。
だからこそ、パイプラインで土砂を運び、
土地を作り、そこに家を建てられる環境ができるまで仮設から出られない、
というのも一つの理由だと気付きました。



毎年現地からもらう震災の日のメールは、
「ここでの生活はあの日から変わりません。」
という言葉。
こうして私たちが発信することに意味があればいいなと思うのです。


活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

Cocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示