東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


2014/11/03

Cocoroリアスの活動状況

こんにちは。
Cocoro 事務局の折立です。

Cocoroリアスからの現地レポートをアップします。

***********************************************

昨年、原発で被災した福島県飯舘村のおばあちゃんが、
避難先の福島市から和服をリフォームした「までい着」を
仮設のおばあちゃんたちに30着プレゼントしてくれました。

プレゼントの理由は、わたしは原発で被災したけど家や家族は残った。
津波被災の方々は家も家財道具も全部流された。
家族を流された方々もたくさんいる。
だからこの「までい着」で暖まって欲しい…とのことでした。

それを聞いた仮設のおばあちゃんたちは、わたしたちはふるさとにいるが
飯舘の人は帰れるのか…そっちのほうこそ可哀想…、と、お互いを思いやっていました。

いつか福島に行って、お礼にアロママッサージをしてあげたいと思っていましたが、
今日ようやく実現しました。 とても喜ばれました。

ホホバオイルに柑橘系を調合してマッサージオイルを作りました。
とても喜んで下さって、素晴らしい技術だ、とほめてもらいました。

cocoroの養成講座で学んだことをはなしました。
大船渡、高田はもちろんですが、こんな形で原発被災者にもマッサージできたこと嬉しいです。
なんと活動を行ったアパートには被災者がまだおり、
遊びに来ていたあと二人にもやってあげました。

大船渡の仮設の方が試作した香りのペンダントもお礼に差し上げました。
同行した新聞社の知り合いがおばあちゃんのあんな笑顔、初めて見た…と言ってました。
安藤さんや菅原さんのおかげです。

***********************************************

手の温もりを通じて繋がっていくCocoroの輪
私たちの心まであったかくなります。

現在(2日~4日)、アロマボランティアCocoroチームは陸前高田に滞在して
Cocoroリアスのメンバーと第12回目の活動を行っています。

離れていても想いは届けることができる!
活動が無事に終わること願ってます。

活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示