東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


2011/05/19

無償アロマケア活動〝COCORO〟の活動目標

1.国際的なネットワークによる多面的なアロマセラピーを用いた心のケア
海外におけるアロマセラピーを用いた緊急災害活動チームによる心のケアの臨床例、
活動方法などを取り入れながら、日本人独自の心の問題、
被災地域のニーズに柔軟に対応し、継続的、かつ定期的な支援を行う。


2.アロマセラピーに関する震災知識の集積と次の世代へ伝えていくこと
今回の大震災に関する研究や教育活動をサポートし、
震災に関するアロマセラピーの知見を次世代に受け継いでいく。

3.地域復興への一環として、この活動を地元の方々へ引き継いでいくこと
セラピスト募集条件に満たない方や、
アロマセラピーに興味のある被災地域の方々の参加を促し、
今後アロマセラピストとして独立していくためのサポートを行う。



受ける側の安全面と施術者の保護に際し、活動を行うセラピストの基準
アロマセラピストとして一定の教育を受け、施術経験があり、
施術に対し保険に加入していること。
また別途、各自治体市町村の社会福祉協議会にてボランティア保険に加入すること。
現地までの交通費、飲食費などを自己負担できること。
(尚、地域復興の一環として岩手県・宮城県在住のアロマセラピストの方で資格に満たない方、
また将来的にアロマセラピストに興味のある方は別途検討しますので、お気軽にご連絡下さい。)



使用する精油・キャリアオイルについて
精油・キャリアオイルは農作物であるため、収穫時期や場所、蒸留方法、保存状態によって、
大きく品質が異なります。 そのため、被災者の方々の肌への影響、香りの品質を考慮し、
オーガニック栽培、もしくは野生種の新鮮で高品質な精油・キャリアオイルのみを使用します。


英国IFPA認定アロマセラピストとは・・・
認定校で240時間以上の教育を受け、試験に合格し、
60時間以上の臨床経験を持つプロフェッショナル・セラピストとしての証明となります。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists) は、
世界各国でプロのアロマセラピストとして活躍する会員によって構成される
英国最大のアロマセラピスト協会です。
協会会員の大多数が医療・福祉機関やホリスティックセラピー業界など
様々なフィールドでプロフェッショナル・セラピストとして活躍しており、
その豊富な臨床データは国際的にも高い評価を受けています。
IFPAはその認定校や正会員認定審査の厳しさからも、
アロマセラピーの業界で世界最高水準の協会と位置付けられています。
(IFPA公式ウェブサイトより引用)

活動目標