東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


2015/11/14

クラフト講座と懇親会

11/6-8 の活動をのんびり更新してます。
あとしばらく、最終日までのこと、書き綴りますね。
活動を支援して下さる皆様や、お手伝い下さった皆様に
少しでも活動の様子が伝われば嬉しいです。

~お知らせ~
11/12 放送予定だった岩手めんこいテレビさんでの放送は、
残念ながら諸事情によりなくなりました。


2日目の午後は、地元チームCocoroリアスのメンバーと
懇親会、クラフト講座(ハーブバスパック・バスボム作り)、茶話会、施術体験と、
これまた盛り沢山な半日でした。



大阪から来て下さったセラピスト岩田さんによる
ハーブバスパック講座。
現地メンバーが、仮設住宅や子供達との活動で使えるように
「火を使わず、簡単に、安全にできる講座」をコンセプトに、
色々と考えてきて下さった講座です。



ハーブのお勉強をして、みなさん好きな香りや色のハーブを選んで、
思い思いのハーブパックを三つずつ作りました。
そして岩田さん特製のハンドタオルを使ったアイピローの作り方など、
これ絶対おばあちゃんたち喜びそう!!といった
被災地でも活用できそうな様々なアロマの使い方を紹介して下さいました。



それから茶話会をして、今後の課題や方向性を話し合い、
またCocoroを立ち上げた菅原さんと私の想い、
またアロマケアワーカーの皆さんもまた、
当初の想いへ立ち返ってもらったりもしました。
〝復興からもう一つ先のステージに来た。
でも震災後の心の痛みを抱える人はまだまだ多い。
そんな方々へ、無理なく、できることを、
細く長く、やっていきましょう〟という話になりました。
形は少しずつ変えながら、
「もう来なくていいべ。」という日が来たら、
旅立ちの会をしてみんなで卒業する、
いつかそんな日が来るくらい心も戻っていくようにと、
沢山願いながら話を終えました。
そして普段施術してばかりのケアワーカーさんたちへ、
私達からほんの少し、施術のプレゼントをして、
最後に野崎さんのバスボム作り講座をしました。



これもまた、
「火を使わず、簡単に、安全にできる講座」をコンセプト。
シュワシュワ発泡する入浴剤作り。
こちらでも買える材料で作るので、
親子教室や色んなところで使ってもらえそうです。
野崎さんの細やかな説明で、みなさん、これならできそう!と目が輝いてます。



そうそう、今日の活動から岩手在住で23歳の、
中井さんがCocoroに加わってくださいました。
早速、仕事で1日遅れて現地入りする
現地コーディネーター菅原さんを岩手県前沢から乗せて来て下さり、
運転・撮影を担当して下さいました。
これでCocoroメンバー、23歳~69歳という
幅広い年齢のチームになりました。
レスリングの学生チャンピオンだったそうで、
私達の重い物資をひょいひょい片手で運んでくれてます。



Cocoro5年目、また頼もしい仲間が増えました。
これからは私達本部と現地をつなぐ、
とても大切な役割をお願いする事になりそうです。
現地の方々もとっても温かく迎え入れて下さって、
頼もしい限りです!!また新たな形となり、一歩先へ進めそうです。



色んな人の色んな心が繋がることで、
誰かの心が、ほんの少し、ほっこり温まればいいなぁ。

アロマボランティアCocoroのホームページはこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro.html

ハートフェルトプロジェクト
http://aroma-jubilee.com/Heartfelt.html

活動への寄付はこちらから
http://aroma-jubilee.com/charity.donation

※Cocoroの活動はすべて皆様からの心温かい寄付で続けられています。寄付は現地で借りるレンタカー代や燃料費・物資代、活動時の民宿代の一部、現地メンバーのボランティア保険代などに役立てさせていただいています。息長く必要とされる心のケアに役立てるため、どうかご支援の程、よろしくお願いします。





活動日記 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示