東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


2011/08/01

子供たちのケアを。

秋の活動場所である岩手県沿岸部の方々とお話をしている中で、
現在、活動内容のご相談に入りました。

COCOROの活動は、
今、何が必要で、どんなことがしてほしいのか、など現地の声に合わせて、
持って行くエッセンシャルオイルの種類や量、施術内容を作成しています。
離れている分、ものすごい時間をヒヤリングに費やしています。

先日岩手県内陸部であった震度5の地震以来、
昨日の早朝にも震度4としばらくおさまっていた余震がまた毎日のようにあり、
大きな揺れが続いているそうです。

やっと、やっと・・・、少し落ち着いてきた子供たちが
またあの日の恐怖を思い出して動揺し、
その姿を見て心配する大人たちの声を沢山聞きました。

「子供たちの笑顔」

これ以上に人を笑顔にするものはないかもしれません。
現地の方と話しながら、今必要なもの、
それは「子供たちのケア」ではないかと思いました。

現地の方に提案してみると、ものすごく喜んで下さり、
今度はセラピストも数名で行けると思うので、
ご父兄への施術も含めて、少し子供のケアに特化したアロマセラピーを
実現できればと思っています。

まだまだ日本では症例が少ないので、
一度イギリスで子供へのアロマケア
専門に行っている団体と連携を取って、より良い形を作って、
現地へ足を運びたいと思います。

これからまずは市へ提出する企画書の作成です。
こういった手順には時間がかかるものの、少ない数しか足を運べない私たちなので、
より質の高いものを提供できるように、
できるだけ現地に何かを残して行ける活動であるように、
そしてアロマセラピーという聞き慣れないものが、
少しでも理解して頂いた上で始められるように、
これは現地への想いとアロマセラピーに対する想いで取っている
COCOROの形です。
活動日記