東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2011/08/31

現地への下見

今日は現地のコーディネーターさんが宿泊予定先の下見に行って下さっています。
沿岸部の関係先へのご挨拶や調整などに続き、二度目の下見です。
こうしたサポートがあってこその私たちの活動だとつくづく感じます。

震災から1カ月半経った頃、初めてCOCOROの活動を行う際、
女性少人数で外部から沿岸部へ行くのは控えた方がいいとアドバイスをもらい、
内陸部に避難されている方々へのケアを行ってきました。
それでも足を運んだ避難所には数百名という単位の方々が避難されていて、
私とコーディネーターさん二人ではお受けできる人数を超えていました。

それから数カ月、このCOCOROを任意団体として設立し、
一緒に活動して下さる仲間を募り、沢山の方が支援して下さり、
受入先の御理解や御協力を頂き、
今回ようやく車1台分の人数で足を運べることになりました。
数日間で大人と子供100名近い方の施術を予定しています。
また小さな小さな手をケアするのかと思うと、とても胸がいっぱいになります。

沿岸部の方とお電話で話していると、
子供たちが寝る前にわざと自分を楽しませようと
ハイテンションになって、なかなか寝付けない状態が続いていると。
余震が来るたびに、また津波が来るんじゃないかと怖がると。

小さな心が受け止めるにはあまりにも辛い現実。
お友達が流されているのを目にした子供たち。
表現できる言葉は少しでも、心に抱えたトラウマは測り知れません。
報道が少なくなってきますが、心のケアはこれからです。
次へまたつながるように、地元の方々とのつながりを大事に活動してきます。
活動日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。