東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


2011/09/27

子供たちの心のケア

今回、被災地域の方々の声からできた新しい活動。
それは子供たちの心を元気にする「香りとふれあい教室」。

楽しく一緒に学べたらいいかなと紙芝居を作ってみました。
絵具なんて10年以上ぶりかしら・・・。



「アロマセラピー」を覚えることではなくて、楽しむことが大切。
動物や虫が植物の香りで、必要な花や木を見つけたりするお話をしました。
紙芝居は、子供たちへの読み聞かせをボランティアでずっと続けている
メンバーにお願いすることにしたのですが、
大人でも惹きつけられてしまうそのお話の仕方に、子供たちの目はキラキラ! 
その輝きようが本当に可愛くて、純粋な心にこちらが感激しました。
(私が読まなくて良かった^^;)

kaori.jpg

続いては香りあてゲーム。 子供たちの発想がとにかくピュアで愛らしい。
Sweet Orange (学名 Citrus sinensis)
オレンジの香りを嗅いだ第一声、「美味しそう~~~!!!!」
これはなかなか大人では出てこない言葉。 
まず「オレンジだ。」ってわかっちゃいますから。
オレンジは確かに胃腸に働きかけ、食欲のないときにもおすすめなんですが、
そんなこと知らない子供たちの「感覚」ってスゴイです。
「何の香りかわかる人~??」 全員「はぁぁぁ~~~いっ!!!」



次は動物マッサージの練習。
それぞれの手技を動物の動きに例えて、“ぞうさんマッサージ~”とか
色々名前をつけて、お友達同士で練習しました。
「気持ち~いっ!」「くすぐった~いっ!!」
キャッキャ、キャッキャ笑う子供たちの笑い声で教室がとっても賑やかに。
ボランティアセラピストの皆さんの周りにも子供たちがいっぱい。
セラピストさんたちの教え方が子供にも上手だなぁなんて眺めていると、
気づけば誰かが私の足までマッサージしてくれてる!笑 先を行ってすごいなぁ・・・♡
「このマッサージはアヒルじゃなくてワニマッサージがいいっ!」
アイディアもたくさん生まれました。 今度は子供たちにネーミングしてもらおう。
「今晩帰ったら家族の人にしてあげてね。 元気がなくなったらしてあげてね。」
「はーーーいっ!」
とっても優秀なぞうぐみのみんなでした。 次会うときまで元気でね!!!



そして園児たちはお迎えの時間。
私たちは引き続き、先生方のハンドトリートメントに戻ります。
今回チームで活動することで、これまでの数十倍の活動ができている気がします。
素晴らしいセラピストの方々が参加してくださったこと、
賛同し、この活動を応援してくださる方がいること、
活動の継続にあたり、本当にたくさんの方の想いがつまっています。
日々感謝の気持ちに溢れながら活動を行いました。



子供たちがどんな境遇で今ここにいるのか、それはわかりません。
ただその愛くるしい純粋な笑顔を絶やさないように
何かを続けていくことが大切だなぁと感じました。

border=

こちらでは次回のオファーも頂き、授業参観の日にしてほしい、と。
今度は親子でできるものもいいかもしれませんし、
もっともっと子供たちのアイディアも生かしていきたいと思います。


心をつなぐアロマボランティア
活動日記