東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


2012/01/20

前回の活動場所より

今日は現地コーディネーターさんと地元の方々が
次回の活動準備のため陸前高田市を訪れて下さっています。
「人と人のつながり、現地の声」を何より大切に活動を続けた結果、
今、とても沢山の現地の方がこの活動に共感し、
受け入れ態勢を手伝ってくださったり、宿の準備をして下さっています。

中でも今日とても嬉しかった一言。 前回活動した保育所と子育て支援センターでは、
「また来てほしいと思って連絡しようと思っていた。」という言葉を頂きました。

数多くのボランティア活動がある中、
Cocoroにまた来てほしいと思って頂けたこと、
それは何より、これまで少しずつ築いた信頼関係とこの活動を支えてくださる
国内外のの支援者の皆さまのおかげだと思います。

心はまだまだ元気じゃない、頑張りすぎるくらい頑張っている。
それが本音のように感じています。
でも、それでも一歩一歩、進んでいます。
子供たちみんなの笑顔、支援してくださってる皆さんに伝えたい、と
コーディネーターさんが前回の活動先のみなさんとの写真を送ってくださいました。
了承を得て、こちらに掲載させていただきました。

120120_1141~01


「香りとふれあい教室」(香りの紙芝居と子供同士のマッサージの教室)の後、
私たちが帰るのが淋しくて、「帰らないで。」と抱きついてきた子供たち。
この春には小学生です。 みんな、元気で大きくなってね。

次回は4月に訪問予定です。 
離れていて考える「こうした方がいい。」と思うことと、
現地が必要としている形はずいぶんかけ離れていることも多いと気付く最近です。
できるだけこうして沢山の声を集めて、現地の方々の心に寄り添いながら、
細く長く続けることも一つの活動の意義のような気がしています。
活動日記