東日本大震災による被害を受けた地域での無償アロマケア活動チーム“COCORO”公式サイト

寄付のお申込み


--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2012/05/19

子供たちの笑顔

すべて流された町にただ残る山積みになっている瓦礫。
被災地の瓦礫の処分場所が決まらずにいるというニュースを見ている感覚と、
ここを毎日通る子供たちがこの光景を目にして育っていくという実際の現状、
多感な子供たちの過ごさなければならない現実に一人の大人としてとても悲しく思うのです。



今朝は民宿で「来てくれてありがとう。」とお昼ご飯用にとたーっくさんのおにぎりを頂きました。
朝食後の忙しい時間、ご家族みなさんで握ってくださったおにぎり
こんな心優しい地元の方々の心、その温かさに感動し、その前へ進む力に勇気をもらうのです。
今日も黒崎温泉チームは大人、おじいちゃま、おばあちゃまへのアロマトリートメント、
保育所チームは陸前高田市内の保育所と幼稚園を回って、先生方へのアロマトリートメント、
子供たちへの「香りとふれあい教室」を行います。

(みんなとっても上手にできました! 優しいタッチでたった数分のプログラムなので、みんなよく集中してできました~。)

「なんだか背中があったかくなってきた~!!」 「お星さまキラキラ~!」 「雨がしとしと~!」
手作り絵本の絵に合わせて、みんなとっても上手にマッサージをしていきます。
可愛かったのが一番先頭の子供たちは前に誰もいないのに、思わず手を動かしていたところ。
お世話になった民宿でも子供たちを笑顔にしてくれることが、何より大人が元気になる、と。
子供の笑顔は魔法のように人を元気にしてくれるんですよね~。 凄い!!

(職員室では先生方へのマッサージ。首のあたりにアロマオイルを使うと、ふわぁ~っと一気に脱力です。)

前回も訪れたこちらの保育園。「帰らないで~。」と私たちが帰るまでずっと手を振ってくれます。
ここは特に被害が大きかった保育園で、今いる子たちは多くのお友達を失っています。
津波を見ていない子供と見た子供では、スキンシップの求め方が全く違います。
同じマッサージプログラムをしていても、津波を見た子供たちは背中をさすりながら抱きついたり、
手のマッサージ中にもっともっとしたいと足のマッサージも始めたりするのです。


(ま~た~き~て~ね~!!!! ばいばぁぁぁぁぁい!! かえらないで~~~!! 超可愛いのです。)

小さな心と体で今もきっといろんなことを消化していっているのだと思いますが、
その大きなスキンシップの求め方の違いを目の当たりにしながら、心がとても痛くなるのです。
ただそんな心配をする大人たちを元気にしてくれるのも子供たちで、
教室から溢れる無邪気な笑い声、大きな大きな鯉のぼりの下、園庭を走り回る子供たちの姿、
そんな日常の中から大人たちが勇気や希望をもらうのです。


(時々子供たちがしっぽを引っ張って鯉が地面に降りて、怒られてました。 やんちゃでカワイイ 笑)

この後は移動中の車の中で頂いたおにぎりを頬張り、次の幼稚園へ。
読み聞かせのプロである地元コーディネーターさんの柔らかで優しいお話に子供たちもうっとり。



お昼寝前でパジャマ姿の可愛い4歳児さんと5歳児さん一緒に練習しました。
なんとここでは英語の練習をしてくださり、
「HELLO! NICE TO MEET YOU! HOW DO YOU DO?」と英語でお話してくれました。
愛らしい子供たちのご挨拶に陸前高田のためにとイギリスからはるばる来日してくれた
セラピストのメアリーさんもとっても感動していました。



国内外から集めたメッセージ、みなさんとても喜ばれました。 書いてくださったみなさん、ありがとう!
小さな国際交流もあり、スキンシップの教室もあり、香りのお勉強もして・・・。
子供たちと過ごす時間はとても盛りだくさんでした。
この日は午後まで活動し、温泉チームと合流し、夜の新幹線でそれぞれ名古屋・東京・横浜へと戻りました。



たくさんの子供たちの笑顔に触れ、感じること。 それは早く復興した街を見せてあげたい、ということ。
大人の私が見ても、今の街の姿は、まるで教科書で見た戦後の日本のような景色。
人の活気があって、街に花があって、木があって、色があって・・・。
そんな当たり前の暮らしが早くできるようになればいいな、と心から思うのです。



面会させて頂いた陸前高田市 戸羽市長から頂いたお手紙に書いて頂いていたこと、
それは「被災地に住む人間は前に進みたくても進めない現状にストレスを感じていること、
それでも心優しい活動は私たちの元気になります。」
と。
沢山の方の心がつながって実現する今のCOCOROの活動。
これからもっともっと心のケアを目的にした活動は本当に必要とされていきます。
香りと手の温もりでできることは、ほんの一晩の眠りかもしれません。
15分の心のリラクゼーションだけかもしれません。 ただ、それで元気になる人が出れば何よりなのです。
どうか、どうか、これからも温かく見守っていただければいいなと思います。
活動日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。